全身脱毛を完了させるために発毛サイクルを知る

全身脱毛を確実に完了させるためには、脱毛点それぞれの発毛サイクルを知っておく事が重要であり、適切なご時世にオペを受けなければ脱毛効能を最大限に発動できません。
例としてわきの下やスイムスーツラインなどはほぼ4ヶ月ペースと長目の傾向を持ちますが、面構えの毛は生えひっくり返りのタイミングが短く約2ヶ月おきの発毛サイクルとなります。
従って、生え変わるペースがバラバラである以上は全身脱毛にて一気にオペを行えない見通しが想定され、部位別に違うタイミングで脱毛しなければならない状況も多くあります。
一般的な脱毛テクニックは育ち期と呼ばれる状態でオペを受けなければならず、発毛細胞という毛が離れてしまうと脱毛効能が不十分になる点に注意が必要です。
また、レーザーや灯の脱毛テクニックによる全身脱毛の場合は毛根における発毛細胞へダメージを与える件となるので、的確にテンポを把握できなくても可能な限り育ち期のポイントを狙ったオペが望ましいといえます。

▲ページトップに戻る